ユースケ、平野綾のセクシー舞台衣装にニヤリ「ぎゅっと寄せています」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
平野綾のセクシー舞台衣装で盛り上がる一幕も

 豪華実力派キャスト陣をそろえ、大真面目に“バカ”をやり通すナンセンスミュージカル「モンティ・パイソンの SPAMALOT」が16日、赤坂ACTシアターで初日を迎え、主演のユースケ・サンタマリアほか、共演の平野綾、ムロツヨシ、松下優也、貴水博之、マギー、皆川猿時、池田成志、演出の福田雄一が出席して囲み会見が行われた。会見では紅一点、平野のセクシー舞台衣装に話題が集中した。

紅一点、平野のセクシー舞台衣装に注目!フォトギャラリー

 「こないだまで、あと2週間あるって余裕こいていたらあっという間に初日。ミスター初日の福田さんもさすがに裏でゲロ吐いていましたよ」とユースケ。出席者は皆緊張の面持ちだったが、ユースケは「この段階ではまだ緊張していない」と余裕の表情。「こっからですよ。初日入ってきたらいつもみたいにぐーっとね。酒をあおってステージに飛び出していくみたいな感じになるんですよ」とにっこり。

[PR]

 平野はセクシー舞台衣装でひときわ報道陣の目を引いたが、「皆さんに覚えていただきつつ、紅一点頑張っていけたら」と緊張気味にコメント。だが、福田から「綾ちゃん、(そのドレス)パット何枚入っているか言わなくていいの?」と横やりを入れられると、「やめてください!」ととたんに赤面。「6枚です!」と健気に切り返したが、ユースケからさらに「本当は8枚です。ぎゅっと寄せています」と畳み込まれると、「(胸も)ないのに頑張っているんです」とタジタジ。それでも「衣装は確かに見応えがあります。これ以上にスケスケだったりとか、水着みたいな衣装で踊ったりとか」と舞台衣装をアピール。「(演技だけでなく)いろいろと頑張っていきます!」と闘志を見せた。

 本作は映画『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』をモンティ・パイソンのエリック・アイドル自らミュージカル化した舞台の日本版。2012 年に初演され、今公演が3年ぶりの再演となる。(取材・文:名鹿祥史)

 「モンティ・パイソンの SPAMALOT」は3月1日まで赤坂 ACT シアターにて上演、3月6日~3月8日まで大阪・森ノ宮ピロティホール、3月14日~3月15日まで福岡市民会館大ホールで上演される。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]