関ジャニ・渋谷、マネージャーからのダメ出しに謝罪

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
写真は(左から)鈴木紗理奈、二階堂ふみ、山下敦弘監督

 関ジャニ∞渋谷すばるが14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた映画『味園ユニバース』の初日舞台あいさつに、二階堂ふみ鈴木紗理奈山下敦弘監督と共に出席した。劇中、心優しいが「しょーもな」な男を演じた渋谷は、マネージャーから「愛想がない」とダメな部分を食い気味に言われたことを明かすと、「ごめん」とはにかんだ笑顔で謝罪した。

【他の写真を見る】

 本作は、歌以外の全ての記憶を失ってしまった男が、あるバンドマネージャーとの出会いによって、過去と向き合い、自らの人生を見つめ直していく姿を描いた物語。

[PR]

 映画単独初主演を務めた渋谷は「本当に良かったなって思うんです」としみじみと語ると、「初めての作品が海外の映画祭(ロッテルダム国際映画祭)に行ったり、いろいろな方から『良かったよ』って言ってもらったり……」と感無量の様子。しかし、そのあと言葉に詰まってしまうと、劇中で渋谷が演じた茂雄さながらに「あの頃は、ふたり共~」と和田アキ子の名曲「古い日記」を熱唱して会場を沸かせた。

 マネージャーから「愛想がない」と言われてしまった渋谷は、現場でもとにかく真面目ぶりが目立ったようで、山下監督は「茂雄のキャラは最初もっとコミカルだったんだけれど、渋谷くんがとてもストイックだったので、彼の人柄に影響を受けてシンプルになったんです」と秘話を明かし、「渋谷くんは正しいことしか言わない。身が引き締まる思いでした」と撮影を振り返った。

 一方、茂雄の才能を見いだしたバンドマネージャーのカスミを演じた二階堂は「初めての大阪弁で、長セリフもあったので、撮影中はいっぱいいっぱいになることが多かったんです」と語ると、「そんなときに(渋谷と鈴木の)二人が大阪の空気を出してくれたので、それに乗っかりながらキャラを作っていけました」と感謝を述べていた。(磯部正和)

映画『味園ユニバース』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]