人気アニメ番組「アドベンチャー・タイム」映画化へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「アドベンチャー・タイム」に登場するフィン(上)とジェイク(下) - Michael Loccisano / Getty Images

 米ケーブルテレビ局のカートゥーンネットワークで放映中の人気アニメ番組「アドベンチャー・タイム」の映画化企画を、ワーナー・ブラザースが進めているとのニュースをDeadline.comが報じた。

 2010年に本放送が開始され、同局の中でも圧倒的な人気を誇るこの番組は、スーパーヒーローに憧れる12歳の少年フィンと、不思議な力を持つ犬のジェイクが繰り広げるさまざまな冒険物語。彼らの住むウー大陸を襲うアイスキングや、科学実験好きなキャンディ王国のお姫様プリンセス・バブルガム、フィンとジェイクと一緒に暮らすゲーム機のビーモ、ヴァンパイア・クイーンのマーセリンなどのキャラクターが登場し、ちょっとナンセンスなワールドを繰り広げる。

 映画化のプロデュースを手掛けるのは、映画『LERO(R)ムービー』のアニメーション監督を務めたクリス・マッケイと、同作のプロデューサーのロイ・リー。マッケイは、『LERO(R)ムービー』のスピンオフである『ザ・レゴ・バットマン・ムービー(原題) / The Lego Batman Movie』の監督に抜てきされており、リーも同作のプロデューサーを務める。

 また、「アドベンチャー・タイム」の総監督にして、オリジナルクリエイターのペンデルトン・ウォードも、脚本およびプロデューサーとして映画化製作に携わることになっている。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]