「バーバパパ」の作者が死去 82歳

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジョアン・スファールが寄せた追悼イラスト - 画像はジョアン・スファールのInstagramのスクリーンショット

 「バーバパパ」の作者であるタラス・テイラーさんが、現地時間2月19日にパリで亡くなっていたことがわかった。82歳だった。Le Figaroほか複数のフランスメディアが報じている。死因は明らかにされていない。

 アメリカ人のタラスさんは、フランス人の妻アネット・チゾンと共に絵本「バーバパパ」シリーズを制作。ピンク色の大きな体を変形させることができる「バーバパパ」と彼の家族たちの日々を描く同作は、1970年代に出版され、世界40か国以上で翻訳される大人気シリーズとなった。日本でもアニメ化され、親しまれていた。

 「バーバパパ」は夫妻がカフェで出会った際に、まだフランス語がしゃべれなかったタラスさんが、アネットさんとコミュニケーションをとろうと描いた絵が基になったとされている。二人はその後結婚し、パリで暮らしていた。

 この訃報に、フランスの漫画家で映画監督でもあるジョアン・スファールは、バーバパパとバーバママが泣いている絵を自身のInstagramに投稿し、タラスさんを追悼している。(編集部・井本早紀)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]