松岡修造が初作詞!「できる」連呼の“ウザソング”熱唱

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
松岡修造が日本中を元気に!

 元プロテニスプレーヤーでタレントの松岡修造が「C.C.Lemon 元気応援プロジェクト」の応援団長に就任し、6日、都内で行われた記者会見で、初めて作詞を手掛けた応援ソングを熱唱した。

【写真】“ウザソング”を熱唱する松岡修造!

 松岡は「できる!できる!」「今日からキミは富士山だ!!」といった独特の歌詞について「応援歌として『できる』という言葉が一番強い。だから連呼します。違う言い方をするとウザソングです。聞いていて『うぜーよ』って思われる形までいってくれれば」と説明。バリエーションにもこだわり、応援する相手に応じて「なるべく多くの人が自分の名前を当てはめられるように」工夫したという。

[PR]

 現役時代のテニス以外の趣味が歌だったという松岡は、「現役を辞めてからも応援を含めてボイストレーニングをずっとやっていました」と意外な一面を明かすと、「今回、応援歌というオファーをいただいたときには、無謀ですがチャンスだと思って。スタッフが一致団結してこういう形にできました」と満足げ。「『歌手になったのか、お前』というふうに捉えられればいい」と冗談交じりにアピールした。

 C.C.Lemonで日本中を元気にしようという同プロジェクト。松岡の応援ソングはWEB限定CMとして見ることができる。そのほか、松岡が実際に応援に来てくれるキャンペーン(抽選1名)なども展開する。会見では、松岡に応援してもらいたい一般人3名も参加し、松岡が直にエールを送る場面もあった。(中村好伸)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]