サム・スミス、声帯出血でオーストラリア公演を中止

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
サム・スミス - Photo by Michael Tran / FilmMagic / Getty Images

 第57回グラミー賞で4冠を達成したサム・スミスが声帯から出血し、オーストラリアツアーの残りの公演を中止したことがわかった。

 サムは、シドニー、アデレード、パース、メルボルンの4公演と5月3日(現地時間)にメルボルンで開催されるロギー・アワードへの出席を予定していた。

 「オーストラリアのファンの皆さん、オーストラリア・ツアーをキャンセルしなければならないことを報告するのはとても、とても残念です。ここしばらく声帯に負担をかけ過ぎていたのですが、昨晩シドニーで声帯から少量の出血をしてしまいました。医師からは完治するまで声帯を完全に休ませなければ、長期にわたる問題になりかねないと告げられました。チケットを買ってくれた皆さんには本当に申し訳なく思っています。近いうちに振り替え公演の日程を発表します」とサムはInstagramに書き、公演を中止しなければならないことは「死ぬほどつらい」と付け加えている。振り替え公演は12月で調整を試みているという。

 5月7日の東京公演から始まるアジアツアーについてはまだ発表はない。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]