高い知能&T-レックスより巨大!『ジュラシック・パーク』14年ぶり新作、新種恐竜の驚くべき生態が明らかに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
インドミナス・レックスの大きな口! - 映画『ジュラシック・パーク』新ビジュアル - (C) UNIVERSAL STUDIOS & AMBLIN ENTERTAINMENT, INC.

 映画『ジュラシック・パーク』シリーズ14年ぶりの新作『ジュラシック・ワールド』の第2弾予告編が公開され、遺伝子操作により作られた新種の恐竜インドミナス・レックスの驚くべき生態が明らかになった。

映画『ジュラシック・ワールド』新ビジュアルギャラリー

 予告編で映し出されるのは、T-レックスより巨大に作られ、兄弟までも食い殺すというどう猛なインドミナス・レックスが脱走し、テーマパークを訪れた人間たちを恐怖に陥れるさま。付けられた追跡装置をはぎとるほどの高い知能を持ち、ほかの生き物を「食べるため」でなく「楽しみのため」に殺していくその姿には寒気を覚えるはずだ。終盤では恐竜が人間に対し、意思疎通を図っているという気になるシーンも出てくる。

[PR]

 また今回、テーマパークサイトも大幅にリニューアル。パーク内のあらゆる場所に設置されたカメラ映像からアトラクションやそこで働くスタッフの様子、パークの混雑状況などが確認できる新コンテンツ<PARK CAM>が追加されており、併せてチェックしたい。

 本作は、1993年に始まった『ジュラシック・パーク』シリーズ第4弾。第1弾、第2弾でメガホンを取ったスティーヴン・スピルバーグは製作総指揮にまわって新鋭コリン・トレヴォロウ監督がメガホンを取り、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のクリス・プラットが主演を務めた。(編集部・市川遥)

映画『ジュラシック・ワールド』は8月7日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]