人気歌手、ドローンで流血…血に染まったTシャツで歌い続ける

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ドローンをつかもうとしてけがを負ってしまったエンリケ・イグレシアス

 人気歌手エンリケ・イグレシアスが、5月30日(現地時間)にメキシコのティフアナで行った公演中に、ドローンをつかもうとして2本の指に切り傷を負い、血に染まったTシャツ姿で30分にわたって歌い続けたという。

エンリケ・イグレシアス出演『レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード』フォトギャラリー

 エンリケの代理人ジョー・ボニーラ氏は、自身のInstagramで今回の件について、「エンリケは、メキシコのティフアナにある闘牛場で、1万2,000人以上を動員した『セックス・アンド・ラブ』ワールドツアーの公演を行いました。ドローンは公演の中で観客を映すために使われており、エンリケは自分の視点を観客に見せるため、時にはドローンをつかむことがあります。しかし今回はうまくいかず、事故が起きました。出血を止めるため、ステージ脇でスタッフの手当を受けましたが、血は止まりませんでした。彼は公演を中止するよう助言されましたが、30分もの間ステージに立ち続けたのです」と説明している。

 ボニーラ氏によると、エンリケはコンサート後に空港近くで待機していた救急車で運ばれたあと、飛行機でロサンゼルスへ向かい、現在は同地で専門医の治療を受けているとのこと。ボニーラ氏は、今後も新たな情報が入れば速やかに報告していくとコメントし、エンリケを心配するファンに感謝している。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]