アンジェリーナ・ジョリー、ロシア女帝の映画化権を獲得

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
まだ企画段階 - アンジェリーナ・ジョリー

 米女優アンジェリーナ・ジョリーが、ロシアの女帝エカチェリーナ2世を描いた小説の映画化権を獲得し、製作を始動させていると Daily Mail Online や複数のメディアが報じている。

【動画】アンジェリーナ・ジョリー主演『マレフィセント』

 英国の歴史家で作家のサイモン・セバーグ・モンテフィオーリが執筆したベストセラーノンフィクション「キャサリン・ザ・グレート・アンド・ポチョムキン:ザ・インペリアル・ラブ・アフェア(原題) / Catherine the Great and Potemkin : The Imperial Love Affiar」が原作。エカチェリーナ2世は、英語では「Catherine the Great」と呼ばれている。

[PR]

 夫ピョートル3世の死後、女帝として世をおさめたエカチェリーナ2世と極秘で結婚した10歳年下のパートーナー、ポチョムキン公とのオープンな関係を描いた物語。彼女はオスマン帝国との戦争を率い、ロシアで最も長い期間にわたり女帝に君臨した。

 今のところ本作が映画化されるか、ドラマ化されるかは未定。いずれにしろ製作費が相当かかると思われる。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]