任天堂・岩田聡社長が死去 55歳 胆管腫瘍のため

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
亡くなった岩田聡氏(2009年撮影) - David McNew / Getty Images

 ゲームメーカー、任天堂株式会社は13日、岩田聡代表取締役社長が11日、胆管腫瘍のため死去したと発表した。享年55歳。

【写真】ゲーム業界のドキュメンタリー『ビデオゲーム THE MOVIE』

 岩田氏は2000年に同社取締役、2012年に取締役社長、代表取締役に就任。2013年には関係会社「Nintendo of America Inc.」の取締役会長となった。岩田氏の逝去により同社の代表取締役は、竹田玄洋氏(代表取締役 専務取締役)と宮本茂氏(代表取締役 専務取締役)の2名になるという。

 岩田氏は、2014年6月に胆管腫瘍の切除手術を受けたと公表していた。(清水一)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]