ジャスティン・ビーバー、イギリスでの公演を取りやめ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
メンゴ! ジャスティン・ビーバー - Chelsea Lauren / WireImage / Getty Images

 歌手のジャスティン・ビーバーが、イギリスのバーミンガムで開催されるフュージョン・フェスティバルへの出演を取りやめた。

【写真】ジャスティン若い!『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』

 フュージョン・フェスティバルは3日間にわたり開催され、売り上げは困窮する若者を助けるためにチャールズ皇太子が設立したチャリティー“プリンスズ・トラスト”に寄付される。

[PR]

 ジャスティンがイギリスでパフォーマンスするのは2年ぶりになるはずだったが、彼は出演できないことをTwitterでファンに謝罪。公式声明では、「イギリスのビリーバー(ジャスティンのファンの愛称)のみんなへ。想定外の問題により、僕は8月28日のフュージョン・フェスティバルには出演できなくなりました。僕は心からプリンスズ・トラストを支援しており、パフォーマンスができないことをとても残念に思っています。近い将来、イギリスのビリーバーたちに素晴らしいショーをお見せできるよう頑張り、そのときにトラストに貢献したいと思います」と伝えている。

 その後のツイートでは、「必ず埋め合わせはするから」「これでイギリスのマスコミは僕をボロボロにするんだろうな。仕事の一環だ。どっちにしてもみんなを愛している。埋め合わせはするよ」とつぶやいている。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]