クリス・メッシーナ、ベン・アフレック監督主演の「夜に生きる」映画化に出演か

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
クリス・メッシーナ&ベン・アフレック - (左より)Paul Archuleta / FilmMagic / Getty Images、Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

 映画『ジュリー&ジュリア』や『デビル』のクリス・メッシーナが、ベン・アフレックが監督と主演を務める、ミステリー小説「夜に生きる」の映画化作品に出演する可能性があるとVarietyなど各メディアが伝えた。

『アルゴ』で共演済み!フォトギャラリー

 本作は、映画『ミスティック・リバー』や『シャッター アイランド』の原作者として知られるミステリー作家デニス・ルヘインの小説の映画化で(原題は「リブ・バイ・ナイト(原題) / Live By Night」)、禁酒法時代のボストンを舞台に、マフィア組織の抗争、そこに絡む男女のドラマを描いたもの。ルヘインの「運命の日」の続編にあたる。

[PR]

 アフレックが監督と主演を務めるほか、エル・ファニングシエナ・ミラーゾーイ・サルダナへの出演交渉も行われているところ。映画『アルゴ』でアフレックと共演済みのメッシーナは、本作でアフレックの親友役をオファーされているとのこと。映画『ゴーン・ガール』や『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の製作でスケジュールに遅れが生じているものの、今年11月には本作の撮影が開始される見込みだ。

 かつて、レオナルド・ディカプリオが本作の製作を担当し、主演もすると報じられた。出演の話は立ち消えとなったようだが、ディカプリオはプロデューサーとして引き続き製作に関わることになっている。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]