坂口健太郎、山崎賢人に壁ドンの仕方を伝授してもらう!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
MEN'S NON-NO専属モデルも務めるさわやか王子! 坂口健太郎

 俳優・モデルの坂口健太郎が7日、都内で行われた映画『ヒロイン失格』トークショー付き試写会にメガホンを取った英勉監督と共に出席し、坂口が桐谷美玲に壁ドンするシーンの撮影時、当時「壁ドン王子」といわれていた山崎賢人に坂口が「どうやるの?」とアドバイスをもらっていたことを告白するなど、この日招待された幸運なファンを楽しませた。

塩顔王子・坂口健太郎の笑顔を堪能!フォトギャラリー

 本作は、人気漫画家・幸田もも子の同名コミックの実写映画化。主人公・松崎はとり(桐谷)と幼なじみの寺坂利太(山崎)、はとりに恋する学校一のモテ男・弘光廣祐(坂口)の三角関係を描く、笑って泣けて胸キュンする青春ラブコメディーとなっている。

[PR]

 学校一のモテ男・弘光を演じた坂口は、「キザでかっこいい役。僕がここまでかっこいい役を?」と最初はビックリしたことを明かし、プレッシャーもあったようだが、「僕の中にも7割ほど弘光の部分があって、思いもストレートに伝えるタイプなので、割とすんなりと演じられた」と撮影を振り返った。

 英監督は坂口について、「人との距離感の取り方がうまい。チャラくなくて、内面がある。カッコイイッスよ!」と太鼓判を押した。また、監督が「三人仲良かったよね。ずっと一緒にいたよね」と桐谷、山崎、坂口の撮影中の仲むつまじい様子を語ると、坂口は「控え室でもクロスワードとかやったりしていました」と述懐。長崎でのクランクアップのときには夜中だったにもかかわらず、その場にいなかった山崎も加えて桐谷と坂口の三人でFaceTimeを利用して「せーの!」の掛け声で同時にクランクアップをしたことも明かしていた。(取材・文:福住佐知子)

映画『ヒロイン失格』は9月19日より新宿ピカデリーほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]