おばあちゃんが自分探しの旅に出た!?孫が祖母を追うフランス映画が1月日本公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マドレーヌおばあちゃんと腕を組むロマン - (C)2013 Nolita cinema TF1 Droits Audiovisuels UGC Images Les films du Monsieur Exodus Nolita invest

 最愛の夫の死後パリから姿を消した祖母を、親友同然に仲の良かった孫が思い出を手掛かりに捜す旅を描くフランス映画『愛しき人生のつくりかた』が、来年1月に日本公開されることがわかった。

 本作の主人公・マドレーヌは、パリの小さなアパルトマンで暮らしていたもののクリスマスを目前にして夫に先立たれ、家族に行方を告げずにパリを離れる。3人の子供を育て上げ、ささやかながらも充実した人生を過ごしてきたマドレーヌは、夫の死をきっかけに初めて自分の人生をゆっくりと振り返っていた。小説家志望の孫ロマンは、祖母を探す旅に出たことで、今まで知らなかった祖母の過去や夢を知ることになる。そして残された家族には変化の兆しが見え始める。

 マドレーヌを演じるのは、現在86歳でフランスの国民的歌手としても活躍するアニー・コルディ。不器用な息子役は、映画『タキシード』で第39回カンヌ国際映画祭男優賞に輝いたミシェル・ブランが務める。監督は、『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』などで俳優として活躍し、コメディー映画『レ・スーヴニール(原題) / Les souvenirs』などでメガホンを取ったジャン=ポール・ルーヴ。(編集部・高橋典子)

映画『愛しき人生のつくりかた』は2016年1月よりBunkamuraル・シネマほかにて全国公開

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]