トイレに熊が出た!実写版『パディントン』野性味あふれる場面写真一挙

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
声を務めるベン・ウィショーとまばたきの仕方が似ている気がします - 実写版『パディントン』より - (C) 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear TM, Paddington TM AND PB TM are trademarks of Paddington and Company Limited

 児童文学「くまのパディントン」を初めて実写映画化した『パディントン』より、イラストよりもだいぶ“熊っぽい”パディントンの姿を捉えた場面写真が一挙公開された。中でもトイレのタンクにしがみつくパディントンからは、おなじみの青色のダッフルコートを着ていないこともあって野性味があふれている。

実写版『パディントン』場面写真フォトギャラリー

 パディントンは、ペルーのジャングルの奥地からロンドンにやって来た赤い帽子をかぶったくま。見た目は“熊”だが、イギリスに憧れるおじさんから正統派・英国紳士のスピリットを受け継いでおり、美しい言葉遣いであいさつとお礼を忘れない。

[PR]

 実写版のビジュアルが海外で紹介された際にはその独特な風貌に衝撃が走り、ホラー映画の一場面とのコラ画像が多数作成されるなど思わぬ反響を呼んだが、公開されるや310億円を超える世界興行収入を稼ぎ出すヒットを記録。野性的なボディーに礼儀正しくピュアなハートを持った、えも言われぬパディントンの魅力が成した技だといえるだろう。

 そんなパディントンが親切なブラウン一家に拾われて家族となっていくさま、そして小さな体で巻き起こす大冒険を描く本作。テレビドラマ「ダウントン・アビー」のヒュー・ボネヴィルがふんする真面目で心配性のブラウンさんとのでこぼこコンビぶりも楽しく、心温まる名作となっている。(編集部・市川遥)

映画『パディントン』は2016年1月15日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]