「アメリカン・ホラー・ストーリー」新シーズン、「卑劣なドラマ」と保護者団体が激しく非難

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル(原題)」プレミアより - Barry King / Getty Images

 メディアを監視する保護者団体(PTC)がライアン・マーフィーのドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー」の新シーズン「アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル(原題) / American Horror Story: Hotel」を激しく非難している。

 The Hollywood Reporter などによると、新シーズンは「信じがたいほどセックスと暴力が露骨に描かれている」と同団体はコメント。「血だらけのグループセックスやレイプなどはスポンサー付きのベーシック・ケーブルのチャンネルにあるまじきもので、これほど卑劣でショッキングな内容をテレビで観たことがない」と会長のティム・ウィンターは言っている。

 ティムはスポンサー、特にサブウェイにスポンサーシップを考え直すよう促しているほか、ライアンのもう一つのホラー・コメディー・ドラマ「スクリーム・クイーンズ(原題) / Scream Queens」についても、家族向け番組の時間帯にもかかわらず首が切り落とされたり、死体性愛について触れたりしているとし、マクドナルドがスポンサーとなっていることを指摘している。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]