「ARROW」悪役に「エバーウッド」のトム・アマンデス

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
トム・アマンデス - Jesse Grant / Getty Images for Pictures from the Fringe

 テレビドラマ「エバーウッド 遥かなるコロラド」「スキャンダル」などで知られる俳優のトム・アマンデスが、「ARROW/アロー」に悪役として登場すると TV Line が報じた。

 トムが演じるのはDCコミックスの悪役ノア・カットラー/ザ・カルキュレーター。コンピューター科学の天才で、インターネットを巧みに操る黒幕の彼は、引退していたロイ・ハーパー/アーセナル(コルトン・ヘインズ)を脅迫し、命令通りに動かそうとするという。これによりチーム・アローと大きな戦いが勃発するそうだ。

 ロイの再登場は先日、コルトンのツイートで明らかになったばかり。コルトンは、「また『ARROW/アロー』の撮影でバンクーバーに到着!! 興奮している!!」とつぶやき、ファンを喜ばせていた。

 トムは第4シーズンの第12と13エピソードに登場する予定だそうだ。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]