北村一輝、常盤貴子と「やっとカップルになれた」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
北村一輝、目指すは恋愛の帝王!?

 俳優の北村一輝が22日、都内で行われたドラマ「ビューティフル・スロー・ライフ」(NHK)のイベントに、常盤貴子と出席。キャリア初となる恋愛ドラマに出演した北村は、役者としてさらなる自信をつけたのか、「恋愛の帝王になるしかない」と意気込んだ。

【写真】北村一輝と常盤貴子が夫婦に

 本ドラマは、夫婦になったある男女(北村・常盤)の人生の“忘れ得ぬ4つの場面”をショートドラマとして描いたラブストーリー。小日向文世演じるマエストロが指揮するフルオーケストラのオリジナル・シンフォニーが物語をドラマチックに彩る。

[PR]

 「恋愛ドラマは、俳優を20数年間やっていて初めて」と話す北村は、「常盤さんは恋愛ドラマの女王。ここは胸を借りて頑張ろうと思って現場に入りました」と述懐。ところが、未経験ゆえにどう演じれば、どう映るかもわからない上、恋愛ドラマ独特のセリフに対して、「コレ言うの恥ずかしい。結構照れる」と感じたとも明かした。また、「カメラの前に立つと大丈夫だけど、家で練習しているときは何言ってるんだろうと思った」と本音もこぼした北村だが、これを機に「恋愛の帝王になるしかない」と遅咲きながら開拓した新境地に目を輝かせた。

 一方の常盤も、北村との共演に大喜び。実は、大河ドラマ「天地人」(2009)で上杉景勝役とお船役で共演している二人。常盤にとって北村は、「わたしの中で完全に“殿”。位が違う人間」で、対面する際には緊張したという。しかし、「わたしも殿と夫婦役をやれるようになったんだ」という思いも芽生え、「すごく嬉しかった」としみじみ。「久しぶりにお会いした殿の笑顔が可愛くて優しくて、とっても幸せな時間でした」と続けると北村も、大河ドラマでは「殿なのに家臣に(お船を)取られて失恋した」とのことで、「夢が叶い、やっとカップルになれた」と満足そうだった。(取材・文:鶴見菜美子)

テレビドラマ「ビューティフル・スロー・ライフ」はNHK総合テレビにて12月24日よる10時~10時50分放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]