内野聖陽がトルコ訪問!イスタンブールの女子大生とも交流

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
トルコを訪問中の内野聖陽

 日本・トルコ友好125周年記念作品『海難1890』で主演を務めた内野聖陽がトルコを訪れ、現地を散策中に偶然出会った女子大生の一団と写真を撮るなどトルコの人々と交流を深めた。

内野聖陽、忽那汐里ら『海難1890』初日舞台あいさつフォトギャラリー

 1890年、和歌山県串本町沖で海難事故に遭ったトルコ軍艦エルトゥールル号への日本人による救援と、それから95年後にあった、トルコ人によるイラン・イラク戦争時の在イラン日本人救出という、両国の絆を象徴する二つの出来事を扱っている本作。命がけでトルコ人を救った日本人の行動は、トルコの人々に感銘を与え、トルコの教科書にも取り上げられているという。

[PR]

 内野がエルトゥールル号の船員たちを救う元紀州藩士の医師・田村元貞を演じた同作は、トルコ国内で300スクリーンを使った上映が予定されており、邦画でこれほどの規模の公開は初めて。空港や幹線道路沿いの看板、歩道橋に掛けられた看板などイスタンブール市内の至るところで告知が行われており、内野が市内を散策していると、本作の看板を指差した警察官が笑顔で話しかけてきたり、女子大生の集団に一緒に写真を撮りたいと言われたりと、内野の知名度は、なかなかのようだ。

現地の女子大生と写真撮影

 そんな現地の様子について内野は、「本当にトルコではこの映画が盛り上がっているんだなと実感しました。中にはポスターを見て声をかけてくださる方々もいらっしゃってトルコで公開したら話題になるといいなと思いました」とコメント。

 エルトゥールル号海難事故の遺品や船の残骸などが展示されている海事博物館も訪れた内野は、「エルトゥールルの海難事故というのをトルコの方々はとっても大切にしてくださっているんだなというのをすごく感じました。次の世代の方々にしっかり、日本との関係性の大事さを伝えています」と述べ、ずっと訪れたかったというトルコが「すごく近くなりました」と語った。トルコでは25日(現地時間)から同作が上映される。(編集部・海江田宗)

映画『海難1890』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]