浅香唯、夫と交際のきっかけは「100アップマリオ」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
80年代テイストの衣装で登場した浅香唯はゲームオタク!

 女優でタレントの浅香唯が2日、都内で行われた映画『ピクセル』ブルーレイ&DVD発売記念イベントに出席し、夫と付き合うようになったきっかけがゲームだったことを明かした。

【写真】80年代テイストの浅香唯!

 『ピクセル』は、パックマンやドンキーコング、スペースインベーダーなど日本の名作ゲームのキャラクターたちにふんした宇宙人が地球侵略にやって来るアドベンチャー。「夫婦ともどもゲーム好き」だという80年代のトップアイドル・浅香は、「(夫と)付き合うようになったきっかけもスーパーファミコンのマリオ。彼が100アップマリオという技をやっているのを見て、わたしのハートが100アップした」と告白した。

[PR]

 さらに「当時はアルカノイドというゲームにハマっていて、事務所の隣にあった喫茶店で毎日やっていた。100円玉がなくて、デモ画面だけを見に行ったこともある。マスターが気の毒に思ったのか、お店を閉めるときにアルカノイドのテーブルをくれた。それを持ち帰り、家にゲームルームを作った」と度を超えたゲームオタクだった過去の逸話も披露した。

 イベントには早打ち16連射でゲーム界を席巻した高橋名人も登場し、「浅香さんとは1985年にテレビ番組で初めて会った。初めて出演した番組のゲストで歌を歌っていた」と語ると、びっくりした浅香は「高橋名人はとにかくゲームの神様だったので、マネばかりしていた。早打ちも練習した」としみじみと当時を振り返った。

 映画について浅香は「自分もオタクだったので、オタクが活躍する作品なのがうれしかった。すごくすっきりするし、最初から最後まで映画の中に入った気持ちで楽しめた」と話し、さらに「主題歌のチープ・トリックも本当に好きなので、80年代に引き戻された」と『ピクセル』の音楽にもぞっこんの様子。高橋名人は、「ここまでゲームの世界をストレートに表現した映画は今までなかった」と太鼓判を押していた。(取材・文:タナカトシノリ)

映画『ピクセル』ブルーレイ&DVDは発売中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]