「グッド・ワイフ」のカリンダ 新ドラマのパイロット版に主演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アーチー・パンジャビ - Stephen Lovekin / Getty Images

 テレビドラマ「グッド・ワイフ」でカリンダ・シャルマを演じていた女優のアーチー・パンジャビが、米ABC局の新ドラマ「ザ・ジュリー(原題) / The Jury」のパイロット版に主演すると The Hollywood Reporter などが報じた。

【写真】アーチー・パンジャビ出演!『マイティ・ハート/愛と絆』

 陪審員をテーマにした「ザ・ジュリー(原題)」はアンソロジードラマで、映画『十二人の怒れる男』と大人気ポッドキャスト「シリアル(原題) / Serial」を合わせたような作品になるとのこと。陪審員の目を通して殺人事件の裁判を追っていき、偏見や陪審員の意見を左右する事柄、裁判の進行とそれぞれが抱いている先入観がどのように変化していくかを描いていくという。

[PR]

 アーチーが演じるのは主人公キム・デンプシー。静かなたたずまいの裏には力強さと真実を知りたいという固い意志を持つ女性で、友達作りのために陪審員をしているわけではないというプロ意識の高い人物だという。没頭できる理念を常に探し求めており、パイロット版では、命を懸けようと思っていた大義を失って1年がたっていない状況だそうだ。

 脚本は「JUSTIFIED 俺の正義」のVJ・ボイドとマーク・ビアンクリが担当。「CSI」シリーズのキャロル・メンデルソーンが製作総指揮を務める。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]