多部未華子、要潤をイケメンと認めず!?イケメン“役”を強調

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
要潤は“イケメン役”!?

 女優の多部未華子要潤が22日、都内で行われた映画『あやしい彼女』完成披露試写会に出席し、多部は要がイケメンであると認めないようなコメントを並べ、会場を沸かせた。イベントには倍賞美津子北村匠海志賀廣太郎小林聡美も登壇した。

【写真】要潤が多部未華子は天性の歌声の持ち主と絶賛!

 本作は、73歳のおばあちゃん(倍賞)が20歳の女の子(多部)に若返って人生をやり直す姿を、笑いと歌で彩ったエンターテインメントムービー。バンドのボーカルとしてポップスから60年代の歌謡曲まで、多彩なナンバーを披露する多部の歌唱シーンも見どころだ。

[PR]

なんだかんだ言い合いつつ楽しそう!

 感想を求められた要が「天性の歌声ってあるんだな。こういうのを天性の歌声というんだなと、思わず膝から崩れ落ちそうになりました」と火ぶたを切ると、志賀も「初めて歌声を聴いた時は、なんて良いのだろうとしばし役から離れてしまいました」としみじみ。北村からも「ストレートに心にくる歌を久々に聴きました」と称賛の言葉を引き出すと、要は「ハードルめっちゃめちゃ上がりましたね」と冷やかしてニヤけ、多部を「止めてください」と照れさせた。

 しかしその後、反撃に出る多部は「要さん演じる小林(音楽)プロデューサーはとっても素敵な役で、本当に素敵な男性でした」と語ると、「要さんとは二回目の共演なんですけど、こんなにイケメンだったのかっていうくらいイケメンで素敵な役柄でした」とキャラクターとしてのイケメンを強調。世間ではイケメン俳優として名をはせている要は、一度も素の自分を褒められず、「役の話ですね……」とポツリ。想定外の多部の攻撃をただただ受けるしかないようだった。(取材/錦怜那)

映画『あやしい彼女』は4月1日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]