最新シリーズ「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」発進!福井晴敏が構成・脚本を担当

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
お披露目されたティザービジュアル - (C)西崎義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

 1974年からテレビ放送された傑作SFアニメの最新シリーズ「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の制作決定が発表された。製作総指揮には劇場版アニメ「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」(2009)などのエグゼクティブプロデューサー・西崎彰司、監督には数々のアニメ映画を手がけてきた羽原信義、そしてシリーズ構成・脚本を人気小説作家の福井晴敏が担当する。

『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』予告編

 西崎義展が世に放ち、SFアニメの金字塔となった「宇宙戦艦ヤマト」シリーズ。2013年に放送されたテレビアニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」以来の新作テレビアニメシリーズとなる本作だが、気になるのはやはり“2202”。発音が「ニーニーゼロニー」であることも今回あわせて発表されたが、この数字が意味するのは前シリーズの3年後の世界が舞台ということなのだろうか。公式HP等で続報を順次発表していくと同シリーズを手がけるバンダイビジュアルは伝えている。(編集部・海江田宗)

[PR]

福井晴敏・羽原信義・西崎彰司のコメントは以下の通り

【福井晴敏】
 “愛”は決して無力でも、凶器に転じる危険な言葉でもない。 過酷な現実と折り合い、時に修正を促すための力……。ヒューマニズムの極致として、我々ひとりひとりが強く意識していかなければならない、それこそ生物学的な本能として与えられた力なのだということの再話。自らが語り、自らが壊してしまったメッセージを再び語り得た時、ヤマトの真の復権が為されるものと確信します。「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」。 命を込めて作っています。ご期待ください。

【羽原信義】
魂を込める。

【西崎彰司】
私にとって最も重要な仕事は才能を探すことです。才能を見つけなければいけない。今、このことが叶った様な気がします。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]