米ドラマ「コールドケース」日本版、WOWOWで制作決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「コールドケース ~真実の扉~」

 アメリカの人気ドラマ「コールドケース」の日本版がWOWOWで制作されることが決定した。タイトルは「コールドケース ~真実の扉~」として、10月より放送される予定。

 「コールドケース」は2003年から2010年まで全7シーズンにわたって放送された刑事ドラマで、製作総指揮の一人には『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどのジェリー・ブラッカイマー。ペンシルベニア州のフィラデルフィアを舞台に、未解決の殺人事件(通称・コールドケース)を解決する捜査チームを描いた。

 日本版全10話のメガホンを取るのは、『SP』シリーズの波多野貴文監督。脚本は『64-ロクヨン-』『ストレイヤーズ・クロニクル』などの監督として知られる瀬々敬久ら。舞台を神奈川に移し、主人公の刑事とそのチームのメンバーが毎話異なる未解決事件の真相をたどり、事件を解決していく。

[PR]

 波多野監督は「戦後、震災、バブル……日本の激動の時代を生きた人々の感情を大切にし、その時代だからこそ起きた悲しき事件を、現代の時間軸を生きる主人公たちを通して描いていきます。そしてそこには、日本の美しさの象徴でもある、四季の風を感じられる、そんなドラマにしていきたいと思っています」とコメント。

 また、まだキャストは発表されていないが、「私は幸せなことに、最高のキャストで捜査一課チームを組むことができました。出演者たちを通し、時代時代の哀愁や余韻を視聴者の皆様に感じていただけたらと思っています」と明かしている。(編集部・中山雄一朗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]