「妖怪ウォッチ」レベルファイブ、熊本地震被災地に1億円寄付

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
レベルファイブの日野晃博代表取締役社長(画像は2015年撮影のもの)

 大人気ゲーム「妖怪ウォッチ」シリーズなどで知られる株式会社レベルファイブ(代表取締役社長/CEO・日野晃博)は22日、熊本地震の被災地復興支援のため、義援金1億円を寄付したと、同社のオフィシャルサイトで発表した。

 サイト上で同社は、日本赤十字社を通じて、1億円を地震で被害を受けた現地復興のために寄付したと発表。また、同社のかかえる数多くの人気キャラクターやコンテンツによる支援活動も予定していると明かし、「被災地の一日も早い復興を心より祈念致します」とメッセージを送った。

 熊本地震の義援金については、タレントの紗栄子が500万2,000円を、人気ロックバンド X JAPANYOSHIKIが1,000万円の寄付を発表。そのほか、作家・村上春樹や人気漫画「ONE PIECE」の尾田栄一郎、ロックバンド・SEKAI NO OWARI など多くの著名人が、さまざまな形での支援を表明している。(編集部・入倉功一)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]