藤原竜也、亡くなる前日、蜷川さんに会っていた「僕を産んでくれたのは蜷川さん」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
藤原竜也、蜷川幸雄さん

 俳優の藤原竜也が13日、自身を見いだした演出家・蜷川幸雄さんの訃報に接し、所属事務所のFAXを通じてコメントを発表した。藤原は、亡くなる前日、蜷川さんの入院先の病院を訪れて、面会を果たしていたことも明らかになった。

【写真】蜷川さんの衝撃作『蛇にピアス』

 1997年に蜷川さん演出の舞台「身毒丸」でデビューし、その後も数多くの舞台で蜷川さんとタッグを組んできた藤原。「最期に会えて良かったです。僕を産んでくれたのは蜷川さんです。沢山の演劇人生をありがとうございました。真面目に突き進んでいきます」と深い感謝の思いを示した。

 “世界のニナガワ”と評された蜷川幸雄さんは12日、肺炎による多臓器不全のため亡くなった。80歳だった。吉高由里子を主演に迎えた『蛇にピアス』(2008)のほか、映画監督としても手腕を発揮していた。(編集部・小松芙未)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]