ルフィ率いる麦わらの一味VS“金”『ONE PIECE FILM GOLD』予告編!主題歌も明らかに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ルフィたちが大活躍! - (C) 尾田栄一郎/2016「ワンピース」製作委員会

 尾田栄一郎による人気コミック「ONE PIECE」の劇場アニメ版最新作『ONE PIECE FILM GOLD』の予告編が公開され、主人公のルフィたち海賊・麦わらの一味が金で世界を動かす絶対的な権力者・黄金帝ギルド・テゾーロに挑む、迫力満点の映像が披露された。さらに、ロックユニット GLIM SPANKY が主題歌を務めることも明らかになった。

 前作『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』(2012)から、およそ4年ぶりの劇場版となる本作の舞台は、政府公認の独立国家であり、世界最大のエンターテインメントシティー、グラン・テゾーロ。海賊、海軍、政府をも金の力で動かすことができる黄金帝ギルド・テゾーロが支配する“絶対聖域”に足を踏み入れた麦わらの一味は、新世界の勢力図を脅かす一大バトルに向かっていく。

 公開された予告編は、ド派手な音楽と共にグラン・テゾーロの華やかな様子を次々と映し出していくが、それも束の間のこと。「動き出す 新世界の怪物」というテロップが現れると、地面に転がるがい骨や、物憂げな表情で札束を手にする女性たち、金に支配されたその国の闇が浮き彫りになる。そして、黄金帝の圧倒的支配に立ち向かうルフィ、ゾロ、サンジらの姿が! グラン・テゾーロの真実とは、ルフィたちはなぜたたかうのか、真相に期待がふくらむ仕上がりだ。

[PR]

主題歌を務める GLIM SPANKY - (C) 尾田栄一郎/2016「ワンピース」製作委員会

 また、ロックユニット GLIM SPANKY が主題歌を手掛けたことも併せて発表された。総合プロデューサーを務める原作者・尾田の推薦により決定したといい、本作のために書き下ろされた新曲「怒りをくれよ」は、予告編後半で確認することができる。尾田は、「ラジオで初めてこの歌声を聴いた瞬間からホレてました。今回の映画『GOLD』は音楽による雰囲気作りがとても重要で、この声が欲しかったのです」とコメントしている。(編集部・小山美咲)

映画『ONE PIECE FILM GOLD』は7月23日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]