涙、涙…パリス・ヒルトンの弟が禁固刑に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ダメ、自宅軟禁 ‐パリス・ヒルトン(右)の弟、コンラッド・ヒルトン(左)(2009年撮影) - Frazer Harrison / Getty Images for PCA

 執行猶予期間中のパリス・ヒルトンの弟コンラッド・ヒルトンが、薬物検査で陽性反応が出たため、禁錮刑を言い渡されたと Entertainment Tonight などが報じた。

【写真】パリス絶叫!

 コンラッドは、2014年7月にブリティッシュ・エアウェイズのロンドン・ロサンゼルス間のフライト中にフライトアテンダントに暴言を浴びせ、執行猶予3年、罰金5,000ドル(約55万円)と750時間の社会奉仕活動などを言い渡されていた。(1ドル110円計算)

[PR]

 しかし、昨年には接近禁止令が出ている元恋人の家に侵入して再び逮捕。薬物を使用していたことが明らかになり、リハビリ施設への入所を言い渡されたが、ガイドラインに沿わなかったためか、更生プログラムから追い出されたらしい。

 これを受け、米連邦地検は禁錮2か月を求刑。裁判官もこれを認めた。コンラッドは48時間以内に連邦刑務局に出向かなければならないとのこと。彼は、裁判官にカリフォルニア州パームスプリングの祖父の家で自宅軟禁にしてほしいと申し出たが、聞き入れられなかったようだ。情報筋によると、法廷には両親のリックとキャシー・ヒルトンの姿も見られ、刑を言い渡されたときのコンラッドは涙を流していたという。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]