ウィリアム王子、ゲイ雑誌の表紙を飾り話題に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
決して我慢しないで(画像は「Attitude」Instagramのスクリーンショット)

 イギリスのウィリアム王子が、ゲイ向け雑誌「Attitude」の表紙を飾り、話題になっている。英王室の一員がゲイ向け雑誌の表紙に登場するのは、これが初めてだという。

 取材の前にウィリアム王子はLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の人たちを王室に招き、彼らの体験を聞いたそうで、「『Attitude』を通じて出会った若いゲイ、レズビアン、トランスジェンダーのみんなは本当に勇敢で、今いじめを受けている人たちに希望を与えてくれた」とコメント。

 「これを読んでいる、セクシャリティーを理由にいじめられている人たちに伝えたいのは、決して我慢しないでということ。信頼できる大人や友達、先生、チャイルドライン、誰でもいいから助けを求めてほしい。自分自身に誇りを持つべきだし、君は何も恥じる必要なんてないんだ」とメッセージを送った。

 同誌の編集者マシュー・トッド氏は「『Attitude』の編集者として、これまでLGBTであることで命を絶った子供を持つ親に会ってきました。その現状を止めなくてはいけないことに、未来のイギリス国王が賛同してくれたことを大変うれしく思います」と語っている。(編集部・中山雄一朗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]