『時かけ』リバイバル!細田守によるデジタルニューマスター版に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
あの夏からもう10年!歳とった… - (C) 「時をかける少女」製作委員会 2006

 細田守監督によるアニメーション映画『時をかける少女』が7月15日で公開10周年を迎えるのを記念し、期間限定でリバイバル上映される。細田自身が手掛けたデジタルニューマスター版の上映は本作品初となる。

【動画】映画『時をかける少女』リバイバル上映予告編

 『サマーウォーズ』(2009)や『バケモノの子』(2015)など、ヒット作を生み出してきた細田が10年前に発表した『時をかける少女』は、根強いファンに支持され続ける名作。“タイムリープ”モノの代名詞とも言える筒井康隆の同名小説をもとに、細田が原作から数十年後を舞台に、原作の主人公の姪である紺野真琴を主人公とする新たな構想で描き出した。

 リバイバル上映には、高品質のデジタル上映を実現するDCP(デジタルシネマパッケージ)が用いられる。角川シネマ新宿にて7月18日~29日まで上映。入場者には、非売品のキャビネ版サイズ「公開10周年記念!特製ポートレート」が先着、数量限定で配布される予定だ。(編集部・小山美咲)

[PR]

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]