『日本で一番悪い奴ら』素顔が一番悪い奴はダレ?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
植野行雄、YOUNG DAIS、綾野剛、中村獅童、ピエール瀧(写真:高野広美)

 北海道警察の刑事が裏社会に染まっていく姿を描く映画『日本で一番悪い奴ら』で、悪すぎる男たちを演じた綾野剛中村獅童YOUNG DAIS植野行雄デニス)、ピエール瀧の5人が、この中でリアルに悪いのは誰なのか、赤裸々に語り合った。

【動画】映画『日本で一番悪い奴ら』予告編

 危険な違法捜査や薬物に手を出す主人公の刑事・諸星(綾野)をはじめ、諸星のスパイとなる暴力団幹部(中村)、麻薬の運び屋(DAIS)、盗難車バイヤーのパキスタン人(植野)、そして諸星に悪事を教える先輩刑事(ピエール)、それぞれ個性豊かなワルを演じきった5人。そこで実生活でリアルに悪いと思う人は誰なのか尋ねると、「それはピエールさんですよ」と中村が即答。するとピエールは「獅童くんだっていろいろあるでしょ」と中村に意味ありげな視線を送る。

[PR]

 そんな中、「このお二人の経験値には、僕らは敵わないってことですよ」と綾野がやんわり口を挟むと、「いやいやいや、綾野くんこそあるでしょう。あるある、ありますよ」と満面の笑みを浮かべるピエール。すかさず綾野が「そんなこと言ったら、行雄くんだって、中学の頃は最強のワルだって言われていたらしいですよ(笑)」とトークのバトンをお笑い芸人である植野へ渡す。

 そのバトンを受け、「そう、小6の頃からヒゲが生えていたし、相撲大会も3年連続で優勝して、みんなから裏の番長だと思われていましたからね。実は普通の日本人なのに(笑)。“歩く凶器”とか“沈まぬ太陽”って呼ばれていました」と植野が嬉々として語ると、ピエールはこらえきれずに吹き出し、「“沈まぬ太陽”って、今日イチで面白かった。なんかパキスタンっぽいし(笑)」と芸人の本領を発揮した植野を称賛。さらにDAISからは「実は、いつもニコニコしている僕が一番悪い奴かも」と意外な発言が飛び出した。

 和気あいあいとしたやりとりから、結束力の強さを感じさせる5人。中村いわく「長期のロケで一緒に食事をしたり、朝まで飲み明かしてコミュニケーションを取ったことが、役づくりに多少なりとも影響した」のだという。最後に「犯罪を描いているんですが、それとは別に、この作品は人間賛歌だと思っているんです。“日本で一番悪い奴ら”が“日本で一番愛おしい奴ら”になる瞬間が多々あります」と語った綾野。その言葉通り、本作は諸星とスパイたちが肩書抜きで向き合い、絆を育んでいく様子が心に残る映画だ。(取材・文:斉藤由紀子)

映画『日本で一番悪い奴ら』は6月25日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]