王者の代償…普通の生活を犠牲に フィギュアスケート界をドラマ化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
長野オリンピックで金メダルを獲得したタラ・リピンスキー - Mike Powell / Allsport / Getty Images

 1998年に長野オリンピックで金メダルを獲得したフィギュアスケーター、タラ・リピンスキーが、フィギュアスケートの世界を描いたドラマをHuluで製作すると The Hollywood Reporter などが報じた。

【写真】リオ五輪で“最後のランウェイ” ジゼル・ブンチェン

 オリンピックに出場するために、普通の生活を犠牲にする10代から20代の選手たちを主人公に、チャンピオンになるための代償を描いたドラマになるとのこと。タラはエグゼクティブプロデューサーの一人として参加するという。

 タラは長野オリンピックを終えてまもなくプロに転向。2013年からはコメンテーターとして活躍している。フィギュアスケーターのジョニー・ウィアーと組んで行うコメンテーターの仕事は人気も高く、最近ではスポーツだけでなく、ファッションやライフスタイル関連の仕事も増えており、ケンタッキー・ダービーなどのイベントでも活躍している。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]