「PPAP」バラード版がカッコよすぎる!ドイツのイケメン歌手がカバー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
無駄にカッコイイです(画像はYouTubeのスクリーンショット)

 世界的大ブームとなっているピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン」(PPAP)を、ドイツのイケメン歌手がバラード調にカバーした動画が「カッコよすぎる」と話題になっている。

※本家はリンゴもパイナップルも持ってません【写真】

 歌っているのは、ドイツのシンガー・ソングライター、モーリッツ・ガースさん。彼のYouTubeチャンネルにアップされたその動画では、「PPAP」が美しいキーボードの旋律と共にアレンジされたスローなナンバーになっており、モーリッツさんが真面目な表情でセクシーに歌い上げながらも、手には本物のリンゴとパイナップル、そしてペンが握られ、本家の振り付けをよりリアル(?)に再現している。

 再生回数はすでに210万回(27日12時の時点)を突破し、動画を見た人たちからは「めっちゃかっこいい」「イケボ(編集部注:イケメンボイス)すぎで顔もイケメンw 惚れてまうわ」「こんなイケメンが真面目に果物にペン挿しててシュールすぎる」「アッポーペンを食べるなww」「ピコ太郎より好き」などと反響が寄せられている。(編集部・中山雄一朗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]