淫行疑惑の狩野英孝、相手の父親に直接謝罪…謹慎処分が決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
半同棲については否定した狩野英孝

 お笑いタレントの狩野英孝が21日、未成年者(17歳の女子高生)との淫行疑惑を一部写真週刊誌が報じたことを受け、都内で会見を行った。狩野は、女子高生に恋愛感情があったことは認めたものの、当時22歳だと本人が主張しており、17歳だと知ってからは二人きりでは会っていないと述べ、半同棲生活についても否定。肉体関係については「相手が10代なので」と明言を避けた。

【写真】狩野英孝、深々と謝罪…

 今後の活動について所属事務所は「今回のことばかりではなく、昨年から続く女性問題などの生活態度を鑑み謹慎処分」と発表。期間は明言しなかったが、当面の間、芸能活動を自粛することとなった。

[PR]

深々と頭を下げた

 狩野は、1月20日に首都圏で発売された写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)において、17歳の未成年者との淫行疑惑が報じられた。記事では、熱心なファンという女性に対して、SNS上で狩野からアプローチを試み交友関係をスタート。その後、急接近し狩野の住むマンションで半同棲状態になっていたとしている。

 この報道に対して、狩野は「恋愛感情もあり、大人としてお付き合いをしていましたが、10代ということを打ち明けられ、驚き、そのまま恋愛関係ではなく、友人関係に戻りました」と説明。「10代とは気がつかなかったのか?」という質問に対しては「親戚の同年代の子と比べても大人っぽい感じで、まったく気づかなかった」と発言した。

 半同棲という報道に対しても、自宅に来たことは認めつつも「うちは溜まり場みたいになることもあるので、来たりすることはありましたが、半同棲というような事実はありません」と否定。また肉体関係に関しては、終始「相手が10代なので、直接的な表現は控えたいと思います」という言葉を繰り返し、明言を避けていた。また、今回の報道を受け「女性のお父様とお会いして直接謝罪をさせていただきました。そのとき『家族みんなで、これからも応援しています』という温かい言葉をいただきました」と明かしていた。

[PR]

 東京都の青少年健全育成条例では、狩野が未成年だと知って相手に対して性的行為を行った場合、処罰の対象となるが、本人の言葉通り未成年者とまったく知らなかった過失の場合、処罰はされないという規定になっているが、狩野は「法律的なことは詳しくないのでわかりませんが、何か問われることがあれば、素直に対応したいと思います」と語ると共に「多くの方々に迷惑をかけました。謹慎中はしっかり反省して、みなさんに『変わったね』と言われるぐらいになりたいです」と誓った。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]