シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

声優・松岡禎丞、緊張のあまり汗だくに…戸松遥らと『ソードアート・オンライン』初日に登場

声優・松岡禎丞、緊張のあまり汗だくに…戸松遥らと『ソードアート・オンライン』初日に登場
すごいメンバー!

 アニメーション映画『劇場版 ソードアート・オンライン −オーディナル・スケール−』の初日舞台あいさつが18日、都内であり、声優を務めた松岡禎丞、戸松遥、神田沙也加、井上芳雄、鹿賀丈史と伊藤智彦監督が登壇。大先輩の実力派俳優と肩を並べた松岡は、緊張の面持ちで「若輩の身として、アフレコはすさまじい現場でした。鹿賀さんとは(セリフの)掛け合いもあったのですが『これは勝てないですわっ』って思いました」と自他共に認める人見知りキャラでとつとつと話し、会場から大きな声援を浴びた。

 本作は、全世界累計発行部数1,900万部を誇る人気小説を基に、原作者・川原礫が脚本を担当し、書き下ろしの完全オリジナルストーリーが展開される劇場版。AR(拡張現実)型情報端末「オーグマー」が普及した近未来で、専用ロールプレイングゲーム「オーディナル・スケール」に仕組まれた陰謀をめぐり主人公・キリトたちが戦う姿を描く。

 2012年のテレビアニメ版から、キリトを演じてきた松岡。ミュージカルや舞台で活躍する神田、井上との共演について、松岡は「神田さんは以前から上手い方だなと思っていました」「井上さんは、アフレコが今回初めてだとお聞きして『本当に初めてなんですか!?』っていうくらい、堂々とされていた」と振り返ったあと、鹿賀について「もう最初から完成され過ぎていて、台本の読み方から僕らと違うところにいらっしゃる。キリトの思いを伝えても『キミはちょっと……』と言われているようで。でも演じるからには『やってやる』という気持ちでやりましたし、一生に何度あるかという幸せな体験でした」と汗をにじませながら述懐。テレビアニメ版に引き続きメガホンを取る伊藤監督がすかさず「僕もスタジオで『負けてる、負けてる。松岡、がんばれ』って思いました」とツッコミを入れ、大きな笑いを誘った。

 本格ミュージカル俳優を起用した意図を聞かれた伊藤監督が「アニメとミュージカルには親和性があるのでは? と思っていたんです」と明かすと、神田はオファーを受けた時の様子を「マネージャーが『ソードアート・オ……』って言ったくらいの時点で、もう『やりますっ!』って言ってました。劇中で何曲も歌わせていただき、音楽の梶浦(由記)さんとのコラボも幸せでした」と語ったが、井上は「沙也加ちゃんはいっぱい歌っているけど、僕は1曲も歌がなかった。鼻歌くらいかな。全然気にしてないですけどね」と監督にいたずらっぽい視線を送り、場を盛り上げていた。(取材/岸田智)

『劇場版 ソードアート・オンライン −オーディナル・スケール−』は全国公開中


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画ニュース
  2. 2017年
  3. 2月
  4. 18日
  5. 声優・松岡禎丞、緊張のあまり汗だくに…戸松遥らと『ソードアート・オンライン』初日に登場