シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『美女と野獣』ユアン・マクレガー版ルミエールは色男だけど「純真」!

『美女と野獣』ユアン・マクレガー版ルミエールは色男だけど「純真」!
色男ルミエールを演じたのはユアン・マクレガー! - (C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 ディズニー実写映画『美女と野獣』で燭台のルミエールを演じたスコットランド人俳優ユアン・マクレガーが同役にもたらしたものについて、ビル・コンドン監督が語った。

 ルミエールは、野獣の城の給仕頭。魔法でろうそくの燭台にされてしまったものの色男ぶりは健在で、アニメーション版でも「ひとりぼっちの晩餐会(Be Our Guest)」を魅力たっぷりに歌い上げ、野獣の城で心細く思っていたベルを豪華なディナーでもてなし勇気づけていた。

 実写版ではヒロイン・ベルをエマ・ワトソン、野獣をダン・スティーヴンスが演じているほか、野獣に仕える城の住人たちもユアンに加え、イアン・マッケラン(置時計の執事コグスワース役)、エマ・トンプソン(ポット夫人役)と豪華なキャストがそろっている。「皆が役柄に自分の個性を持ち込んでくれた」とキャスト陣に感謝したコンドン監督は、「ルミエールは“女好きでもてる男”とユアンとは話したけど、彼はそこに純真さときらめきを持ち込んでくれた。現代風にもなったね」とユアンの貢献についてコメント。

 「ルミエールはクールな男で、チャーミングだから人々に愛されているんだ。それをユアンはフランス風ではなく、とてもスコットランド風にやった。彼の若さを使うのは素晴らしかったよ。少し年は取ったけど、ユアンには今でも20歳みたいなエネルギーがある」と彼の若々しさが役柄に反映されることになったと明かした。それだけにユアン版ルミエールの無邪気な色男ぶりは特筆すべきチャーミングさになっている。

ルミエール
魔法でろうそくの燭台に

 コンドン監督によると、実写化するにあたって一番興奮したのは、そのルミエールによる「ひとりぼっちの晩餐会」のシーンだという。「あのシーンはイマジネーションに満ちているが、現実の世界に根差しているように感じさせる必要もあった。この映画で難しかった部分は、あのワンシーンに全て象徴されていると言っていいよ」と本作における挑戦を振り返った。(編集部・市川遥)

映画『美女と野獣』は4月21日より全国公開


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画ニュース
  2. 2017年
  3. 3月
  4. 16日
  5. 『美女と野獣』ユアン・マクレガー版ルミエールは色男だけど「純真」!