舞台上で転倒・骨折の研ナオコ、手術成功でリハビリへ

右大腿骨頸部骨折のケガを負った研ナオコ(2011年撮影)
右大腿骨頸部骨折のケガを負った研ナオコ(2011年撮影)

 先日、出演中の舞台上で転倒し、右大腿骨頸部骨折と診断されていた歌手・女優の研ナオコ(63)が27日に手術を受け、成功したことが明らかになった。所属事務所がブログを通じて発表した。

 事務所によると研はこの日、「右大腿骨人工骨頭置換手術」を受け、手術は無事に成功。「数日安静にしたのちリハビリに移りますので、今後、本人の回復の状態により、SNS(ブログ・Twitter等)の更新再開も予定しております」と報告するとともに、「関係者の皆様、応援していただいている皆様には、ご迷惑とご心配をおかけしてしまい誠に申し訳ございません」と謝罪した。

 研は今月21日、山梨県甲府市のコラニー文化ホールで行われた梅沢富美男との舞台「アッ!とおどろく『夢芝居』」公演中に転倒。救急車で病院に搬送された。梅沢は22日のブログで「お芝居の最中足を滑らせて転倒、右腰を強打したのですが、僕が抱き起したとき研さんはにっこり笑って芝居を続けました。袖に入ってからもうめき声一つ上げなかったのですが、動ける状態ではなかったのでそのまま病院に搬送されました」と当時の状況を報告。「僕と研さんのコンビはお客様にも大変好評をいただいていますし、僕も研さんとの舞台が本当に楽しく大切な舞台なので今は治療に専念して1日も早く舞台に戻ってきてもらいたい思いでいっぱいです」とつづっている。(西村重人)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]