実写化作続く神木隆之介&伊勢谷友介、漫画原作のときに考えること

神木隆之介&伊勢谷友介 - 写真:高野広美

 羽海野チカによる漫画を『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督が実写映画化した『3月のライオン』。その後編で共演した神木隆之介伊勢谷友介が、漫画の実写化に挑むときの心掛けについて語った。

【映像】『3月のライオン 後編』予告編

 原作の「3月のライオン」は、“全員片思い”という甘酸っぱさ100%の「ハチミツとクローバー」の次に羽海野がプロ棋士という勝負の世界に取り組んだ意欲作。今回の映画化に際して物語の構造をガラリと変え、前編・後編として連続公開する。後編から登場する伊勢谷は「僕はちょうど『ハチクロ』にも出させていただき、この映画にも出ている加瀬(亮)君とも一緒だったんです。漫画が原作だからというより、そうしたことへの縁をより感じていて、原作が漫画であることはあまり意識しませんでした」と明かす。

[PR]

 主人公の桐山零を演じる神木とはちょうど『るろうに剣心』シリーズ、そしてこのあと公開される『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』と漫画の実写化作品での共演が続いている。「実写にしてゴメンなさい! みたいな漫画ばかりだよね」と伊勢谷が言うと、「大きい作品ばかりですね」と神木が口にする。

 漫画が原作だとキャラクターのビジュアルにあらかじめ具体的なイメージがあるが、神木は「もちろん参考にするところはたくさんあって、助けていただく部分は大きいです。しかし、今回は良い意味で原作にとらわれ過ぎず、桐山零としてしっかりと生きて、それが回り回って原作に沿うように、と心掛けました」とコメント。一方で神木自身漫画が大好きなため、「好きな漫画が実写化されて出来た映画を観たとき、この役者さんはこのキャラクターのこんなところまで見ているんだ! と演じる上での誠意のようなものを感じることがあります。そんなとき、その役者さんをステキだなと思うんです。読者のことをきちんと考えているんだなと」と一観客として実写化作品を冷静に分析する。

 もちろんその分析は、自分が演じる側になったときに活かされる。「その役に対してどれだけ愛を持って挑んでいるか? それが原作への誠意の示し方のひとつになると思っています。だからこそ今回も緊張しました。すごくプレッシャーでした!」と二部作の主役という大役を無事に務め終えた神木に浮かんだのは、安堵の表情。彼らの誠意がどのようなカタチで演技に結実したか? その答えは映画のなかにある。(取材・文/浅見祥子)

3月のライオン 前編』『3月のライオン 後編』は公開中

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]