「ONE PIECE」ハリウッドで実写ドラマ化!原作者・尾田栄一郎「ファンを絶対に裏切らない事」が条件<コメント全文>

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ついに実写化!

 尾田栄一郎による人気漫画「ONE PIECE」がハリウッドで実写ドラマ化されることが明らかになった。21日、週刊少年ジャンプの中野博之編集長らが出席した連載20周年記念記者発表会の場で発表された。原作者の尾田もコメントを寄せ、「20年間作品を支えてくれているファンを絶対に裏切らない事」が実写化への条件であることを明かした。

【イベント動画】実写ドラマ化発表の瞬間も…!

 これまで何度も噂されていた「ONE PIECE」の実写化がついに実現。製作は米ドラマ「プリズン・ブレイク」などのトゥモロー・スタジオが担当する。トゥモロースタジオのマーティ・アデルスタインプロデューサーは「20年間『ONE PIECE』のファンでした。集英社と尾田氏が大切なマンガを託してくれました。わたしの持っているすべてをかけて『ONE PIECE』を成功させたい。テレビ史上、もっとも高い製作費を投じることになるだろう。それだけの価値がある作品です」と意欲を見せている。

[PR]

 中野編集長は「映画ではないんだと思うかもしれませんが、尾田先生と相談し、テレビドラマ化という形が一番『ONE PIECE』に適しているのかと思いました」と決断理由を述べると、「3年ほど前から話をさせていただき、こちらからの高いハードルを超えるような企画になると自信が持てました」と笑顔で語った。

 製作費や製作期間、放送開始日やキャスト、どの章を映像化するかなど具体的な話については「現状では答えられません」と中野編集長は明言を避けたが、「尺の関係でのドラマ化?」という質問には「そういう部分もあると思います」と長尺での展開も期待させるコメント。最後に「一番考えたのは、漫画ファンの期待を裏切らないクオリティーの担保です」と語った中野編集長。ハリウッドでの実写ドラマ化という企画に今後とも大きな注目を浴びそうだ。(磯部正和)

<原作者・尾田栄一郎からのメッセージ>

20年の間に実写映画化の話はいくつもありました。
僕が実写化に踏み出そうと決めたのは約3年前、
紆余曲折あり、良いパートナーに出会い、ちょうど20周年を
迎える今日、その製作発表に至ったのは
実は偶然であり、とてもうれしく思います。
まず「20年間作品を支えてくれているファンを
絶対に裏切らない事。」これが僕からの条件です。
不安の声もあがるでしょうが
どうか期待の声をください。
そして、胸をおどらせ、続報をお待ちください。
お楽しみに!!

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]