『耳すま』聖司くん役・高橋一生、海ドラ吹替初挑戦!「不思議な感じ」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
海外ドラマ吹替初挑戦!

 俳優の高橋一生(36)が4日、都内で行われた海外ドラマ「THIS IS US 36歳、これから」(NHK総合で10月1日スタート)の試写会に出席し、「不思議な感じだった」という海外ドラマ吹替初挑戦を振り返った。

にこやかな高橋一生!フォトギャラリー

 自分が演じる役柄に嫌気がさしているイケメン俳優・ケヴィン、“脱肥満”を目標に努力する女性、幸せな家庭を築いているエリートビジネスマンという、誕生日が同じ36歳の男女3人が、人生に迷いながらも前に進んでいく姿を描く本作。日本語版でケヴィンの声を演じた高橋は、22年前に公開されたジブリアニメ『耳をすませば』で天沢聖司役の声優を務めたことはあるものの、海外ドラマの吹替はこれが初挑戦となる。

[PR]

 「僕にとって初だと思っているのは、アニメのキャラに合わせていくのではなくて、生身の人間の、もとの声が聞こえてしまうということ」と違いに触れた高橋は、「お芝居をしているのに、自分の肉体は動いていなかったので不思議な感じだった」とコメント。「アテレコ用の台本をいただいたんですけど、分数や秒数が書いてあって。どうなるんだろうと思いましたが、周りの共演者の方のおかげで早く慣れることができました。だから苦労というよりは、勉強させていただいたという気持ちですね」と真摯に語る。

 高橋は劇中の登場人物と同じく、現在36歳。「このお話をいただいてからDVDを観させていただいたのですが、感動してしまいました。それぞれの悩みが普遍的で、兄弟間の問題や、個人として社会に直面する問題なども日本と変わりないんですよ」とすっかり本作にのめり込んでいる様子。そんな彼にとって36歳という年齢は「通過点」だといい、「30代になり、20代よりもどんどん体が軽くなっているような気がします。背負うものが多くなるからこそ、逆に悩みとか考えることから少しずつ解放されていって。変なカロリーの使い方をしなくなりました」と明かした。(取材・文:壬生智裕)

海外ドラマ「THIS IS US 36歳、これから」は10月1日よりNHK総合にて放送開始(毎週日曜夜11時)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]