アーティスト・オブ・ザ・イヤーに「ザ・クラウン」エリザベス2世のクレア・フォイ

「ザ・クラウン」より - エリザベス2世役のクレア・フォイ(左)
「ザ・クラウン」より - エリザベス2世役のクレア・フォイ(左) - Netflix / Photofest / ゲッティ イメージズ

 Netflixドラマ「ザ・クラウン」で英国女王エリザベス2世を演じているクレア・フォイが、2017年BAFTA(英国映画テレビ芸術アカデミー)ブリタニア賞でアーティスト・オブ・ザ・イヤー賞を授与されると The Hollywood Reporter などが報じた。

【顔写真】クレア・フォイとフィリップ殿下役のマット・スミス

 BAFTAロサンゼルスのキーラン・ブリーンは「クレアは世界を舞台に成功した英国人俳優の不朽の遺産の典型とも言える女優です。『ザ・クラウン』での英国の歴代君主として最長在位となっている女王という象徴的な役を含め、今年の彼女の活躍は素晴らしい限りです」とコメントしている。過去には、フェリシティ・ジョーンズダニエル・クレイグケイト・ウィンスレットティルダ・スウィントンマイケル・シーンなどが同賞を受賞している。

 クレアは「ザ・クラウン」で9月17日(現地時間)に発表されるエミー賞にノミネートされており、すでにゴールデン・グローブ賞とSAG(全米映画俳優組合)賞を受賞。BAFTAテレビ・アワードにもノミネートされたが、惜しくも受賞を逃がしている。(澤田理沙)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]