人を食った記憶はそのまま…元ゾンビを社会は受け入れられるのか?エレン・ペイジ主演作

第42回トロント国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ゾンビ時代のサム・キーリー(シーナン役) - Courtesy of TIFF

 第42回トロント国際映画で現地時間9日、ゾンビが蔓延するも治療薬が開発された世界を舞台にした映画『ザ・キュアード(原題) / The Cured』のワールドプレミアが行われ、主演のエレン・ペイジ(『JUNO/ジュノ』)、サム・キーリー(『白鯨との闘い』)らが登壇した。

【場面写真】エレン・ペイジお気に入りのゾンビ映画

 治療薬によって見た目も性格も元に戻るも、人を食らっていたゾンビ時代の記憶はそのままという治癒者(The Cured)たちを、家族、社会は受け入れられるのかを描く本作。3年間ゾンビとして生きてきたシーナン(サム)を、義理の姉アビー(エレン)が幼い息子のいる家に迎えるところから物語は始まる。

[PR]

 治癒者に対する嫌悪感は強く、彼らは死ぬべきだと声高に叫び、受け入れた家族に嫌がらせをする者も。治癒者たちも愛する人を食いちぎった悪夢にPTSDのように悩まされ、差別される毎日に団結し、過激な方法を取るようになる……。社会派の人間ドラマとして描きつつ、ゾンビ映画のカタルシスもちゃんと用意されているユニークな作品だ。

 メガホンを取ったのは、これが長編デビューとなったアイルランドのデイビット・フレイン監督。もともとゾンビ映画好きだったというエレンは「脚本を読んで圧倒された。それでデイビットの短編を観てみて出演を決めたの」とフレイン監督の才能が決め手だったと明かす。好きなゾンビ映画を聞かれて少しためらったものの「でも『28日後…』(ダニー・ボイル監督)!」と答えると会場から喝さいが起こり、「よかった。受け入れられた」と笑顔を見せていた。(編集部・市川遥)

第42回トロント国際映画祭は現地時間17日まで開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]