THE BOOM宮沢息子・宮沢氷魚、俳優デビュー メンノン先輩・坂口健太郎に続く

宮沢氷魚、「コウノドリ」に出演へ
宮沢氷魚、「コウノドリ」に出演へ - (C)TBS

 元THE BOOM・宮沢和史の長男として知られ、現在雑誌「MEN'S NON-NO」の専属モデルとして活躍中の宮沢氷魚(みやざわ・ひお)が、10月にスタートするドラマ「コウノドリ」(TBS系)で俳優デビューを果たすことが明らかになった。

【画像】さすがモデル出身のカッコよさ!宮沢氷魚の全身ショット

 本作は「モーニング」(講談社)で連載中の鈴ノ木ユウによる漫画を原作に、2015年に放送された同名ドラマの続編。産婦人科医と天才ピアニストの二つの顔を持つミステリアスな主人公・鴻鳥サクラ(演:綾野剛)を中心に、産科医療の現場のリアルを描く。

[PR]

 前作で連続ドラマデビューを果たした、先輩メンノンモデルの坂口健太郎に続くように決定した氷魚の出演。今回彼が演じるのは、ペルソナ総合医療センターの産科をスーパーローテート中の前期研修医・赤西吾郎。赤西産婦人科医院院長の息子で、ことあるごとに同じ“ジュニア”である四宮(演:星野源)から愛ある鞭を受けることになる。

 氷魚自身もアーティスト・俳優として活躍している父を持つ芸能“ジュニア”。そんな氷魚は“ジュニア”である吾郎に「共感できる」と話す。また初のドラマ出演にあたり父親・和史にもアドバイスをもらったそう。氷魚は「今回が僕にとって初のドラマ出演。とても光栄で、大きなチャンスをいただいたことを日々痛感しています」とコメント。

 また「僕は三人兄弟の長男で、下の二人の面倒を小さいころから見てきていたので、自分なりに生まれてくる命の重大さを感じてきたつもりでいました。しかし23歳になった今、出産という奇跡を描いた作品に参加させて頂くことによって、新たに考えさせられることがたくさんありました」と語ると、「『コウノドリ』は多くの母親と家族の喜びや苦悩を描いた素晴らしいドラマです。このドラマを通して僕が演じる赤西吾郎だけでなく、自分自身も成長していけたらなと思います」と気合十分の様子を見せた。(編集部・井本早紀)

金曜ドラマ「コウノドリ」は10月13日よる10時よりTBS系で放送開始(初回は15分拡大スペシャル)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]