ディズニープリンスの実写映画!『美女と野獣』脚本家が監督

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
スティーヴン・チョボスキー監督 - John Lamparski / Getty Images

 映画『ウォールフラワー』の監督・脚本や『美女と野獣』(2017)の脚本を手掛けたスティーヴン・チョボスキーが、ディズニーの実写映画『プリンス・チャーミング(原題) / Prince Charming』で監督・脚本を担当すると The Hollywood Reporter が報じた。

【動画】チョボスキー脚本!『美女と野獣』実写版VSアニメ版を比較!

 昔ながらのプリンスを、家名を疎んじる彼の兄弟の視点から描く作品。マシュー・フォーゲルが執筆した初稿は、『シンデレラ』『白雪姫』『眠れる森の美女』などのディズニー作品についての見方を改めるような内容らしい。

 チョボスキーは、ジュリア・ロバーツオーウェン・ウィルソンが出演し最近全米公開された、顔が変形する病に侵された少年を描いた『ワンダー(原題) / Wonder』も手掛けている。(鯨岡孝子)

[PR]

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]