カンヌグランプリ!エイズ差別に抗議する若者を描いた『BPM』来年3月日本公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
カンヌではパルムドールを逃して不満の声が上がったほど下馬評が高かった作品! - (C) Celine Nieszawer

 第70回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した『BPM ビート・パー・ミニット』が、2018年3月24日より日本公開されることが決まった。

【写真】ナタポー&ジョニデ娘の映画、カンピヨ監督が脚本担当

 第90回アカデミー賞外国語映画賞のフランス代表にも選出され、オスカーにも期待がかかる同作は、1990年代初めのパリを舞台にエイズにまつわる差別や不当な扱いに抗議する活動家たちを描いた青春ドラマ。政府や製薬会社への変革に挑んだ実在の団体「ACT UP」の活動や、明日をも知れぬ命を抱える主人公の葛藤、彼らの恋と人生の輝きを映し出す。

[PR]

 メガホンを取ったのは第61回カンヌ国際映画祭のパルム・ドールに輝いた『パリ20区、僕たちのクラス』で脚本・編集を担当したロバン・カンピヨ監督で、元活動家だった自身の実体験を基にしている。(編集部・吉田唯)

映画『BPM ビート・パー・ミニット』は2018年3月24日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、ユーロスペースほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]