「ジャンプフェスタ」徹夜組へ注意 各イベントで問題視

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
公式Twitterにも注意文が掲載(画像は「ジャンプフェスタ2018」公式アカウントのスクリーンショット)

 集英社が主催し、同社の人気コンテンツに関連した催し物が行われるイベント「ジャンプフェスタ2018」の開催を今週末(16・17日)に控え、同イベント運営は“徹夜組”への注意メッセージを、15日に公式サイト等に掲載した。イベント開催日前から会場近くに待機する“徹夜組”と称される存在は、同イベントのみならず各所でも問題視されている。

【画像】「ジャンプフェスタ」での新発表をにおわせた実写『銀魂』

 コンサートや参加型のイベント、特に「コミックマーケット」などで問題視されるようになった“徹夜組”。入場制限や整理が行われる大型イベントで、物販等のためそのイベント会場にいち早く入ることを目的に、イベント前日から会場近くに並ぶ人々のことを指すが、安全上の問題や近隣の住民からの苦情などにより、その行為自体を主催者側が禁止しているイベントもある。

[PR]

 15日、集英社は「『ジャンプフェスタ2018』へのご来場をご検討いただいている皆様へ」と書かれた書面を公式サイト等に掲載。「主催者としては、徹夜でのご来場はご遠慮いただいておりますが、現状、会場近隣での場所取り・滞留が見受けられます」とつづると、「そのため会場近隣の方々にご迷惑をおかけしており、行政及び関係各所の厳重注意を受ける事態になっております」と苦情を受けている実情を説明した。

 また「ご来場の皆様の安全性、会場近隣の方々への配慮のため、再度イベント本番当日にお越しいただきますようお願い申し上げます」と結び、“徹夜組”への注意喚起を促している。これらの注意喚起文に参加者からは「ペナルティとかも考えないと徹夜無くならないと思う」「始発対応をそろそろすべきでは?」「徹夜組と転売ヤー対策で完全受注にして欲しい」という声なども寄せられている。(濱島裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]