マーベル「デアデビル」に新キャスト!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジョアンヌ・ウォーリー - Maarten de Boer / Getty Images Portraits

 Netflixドラマ「Marvel デアデビル」の第3シーズンに、「ボルジア家 愛と欲望の教皇一族」でヴァノッツァ・カッターネイを演じたジョアンヌ・ウォーリーが出演するとDeadlineが報じた。

「Marvel デアデビル」【写真】

 「Marvel ザ・ディフェンダーズ」の最後では、シスターたちに介抱されていたマット・マードック/デアデビル(チャーリー・コックス)が目を覚まし、シスターの一人が「マギーを呼んできて、彼が起きた」と言ったところで終わっている。ジョアンヌはこのシスター・マギーを演じるとのこと。

[PR]

 今回のストーリーに同じ背景が使われるかどうかは明らかではないが、コミックスではマットの母親の名前もマギーで、尼僧でもある。ショーランナーのマルコ・ラミレスはジョアンヌが演じるマギーがマギー・マードックなのかは言えないものの、彼女をフィーチャーしたコミックスのストーリーを思い起こさせようと描いたシーンだとEW.comにコメントしている。

 ジョアンヌは「ゴシップガール」でソフィー・グリマルディを演じていたほか、「ウルフ・ホール」のキャサリン・オブ・アラゴン役でも知られる。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]