シネマトゥデイ

ベンアフ監督デビュー作がテレビドラマ化へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ベン・アフレックの映画監督デビュー作『ゴーン・ベイビー・ゴーン』より - Miramax / Photofest / ゲッティ イメージズ

 ベン・アフレックの映画監督デビュー作『ゴーン・ベイビー・ゴーン』(2007、日本劇場未公開)のテレビドラマ化が企画され、パイロット版の製作が決まったと The Hollywood Reporter などが報じた。

ベン・アフレック【写真】

 テレビドラマ版も映画同様、デニス・レヘイン著の「愛しき者はすべて去りゆく」を基に製作される。私立探偵のパトリック・ケンジーとアンジェラ・ジェナロが、労働者階級が多く住むボストンのドーチェスターで、法によって正せない悪事を正していくストーリー。映画版では私立探偵2人組をケイシー・アフレックミシェル・モナハンが演じていた。

 タイトル未定の本作は「Black Sails/ブラック・セイルズ」のクリエイター、ロバート・レヴィーンが脚本を執筆し、エグゼクティブプロデューサーも務めるという。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]