森三中・黒沢、得意の歌で子どもが静まり返る!

“すごい力”を見せつけた森三中・黒沢
“すごい力”を見せつけた森三中・黒沢

 お笑いトリオ・森三中黒沢かずこ村上知子大島美幸が7日、都内で行われた『映画 きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険』初日舞台あいさつに出席。黒沢は普段、大島や村上の子どもたちの前で披露しているというオリジナルソングを会場に響かせると、奔放に楽しんでいた子どもたちが一瞬静まり返るという“すごい力”を見せつけた。

ナイストリオ!森三中が声優に【写真】

 本作は、世界中で人気の『きかんしゃトーマス』の劇場版最新作。「どうしてもやりたい仕事をほかの機関車にとられたくなかった」というトーマスは、ソドー島からメインランドに出発したものの、さまざまな困難に遭遇してしまい……。黒沢と村上は実験用機関車レキシー&セオに、大島は入替用ディーゼル機関車・フランキーの声を担当する。

[PR]

 黒沢は母性あふれるレキシーを演じることに「いつも『母性の行き場がない』と話していた光浦(靖子)さんの言葉の意味がわかりました」と大人向けのトークを展開すると「よろこんでくれているかわからないのですが、いつも、こういう大人もいるんだぞと教えるために村上さんや大島さんの子どもに歌を聞かせているんです」と発言。

 そして黒沢は会場に低音を響き渡らせると、声を上げて話していた子どもたちが一瞬静かになるシーンも。さすがの威力に大島や村上も苦笑いを浮かべた。

 2歳の子どもがトーマスに夢中という大島は「子どもと一緒にアニメを観ていたら、わたしもハマってしまって、あるときトーマスのガチャガチャに5,000円ぐらい使ってしまいました」と打ち明けると、司会者から「それは大人の金額ですね」と突っ込まれる一幕も。村上も「子どもはわたしがセオ役をやるということを理解しているので、映画館で一緒に観たいと思います。どんな反応するのか楽しみですね」と目を輝かせていた。(磯部正和)

『映画 きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]