ももクロ10周年を記念した展覧会がオープン!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
左から佐々木彩夏、百田夏菜子、玉井詩織、高城れに - (C) STARDUST PROMOTION INC ALL RIGHTS RESERVED

 人気ガールズユニット・ももいろクローバーZ(通称・ももクロ)の結成10周年を記念して松屋銀座で開催中の「~サイリウムが照らす未来~ ももいろクローバーZ 結成10周年記念展」の30日に行われたオープニングイベントに、メンバーの百田夏菜子玉井詩織佐々木彩夏高城れにが来場し、展示の見どころをアピールしつつ、10年の活動を振り返った。

展示の紹介もあり!【写真】

 2008年に結成されたももクロも、今年で10周年。そんな節目の年を迎え、彼女たちがこだわってきた「ライブ」を通してこれまでの“過去”の歩みを振り返り、さらに“未来”につき進む彼女たちを応援するための展覧会が開催されている。会場内には、ライブの舞台セットの模型やメンバーお気に入りの衣装、小道具などを展示。ももクロ10年の軌跡をたどる内容となっている。

[PR]

 そんな展覧会の開催にあたり、百田は「先日、東京ドーム公演2Daysが終わり、ホッとしました。一段落つこうとしたところで、こうして展覧会という形でまだまだたくさんの方が盛り上げてくださる。松屋銀座さんで開催されるのはなんだか大人な感じがします」と切り出すと、「こんなにたくさんの方がお祝いしてくれることはないので、うれしいですし、わたしたちも盛り上げたいと思います」と全員を代表してあいさつした。

 本展覧会の見どころについて、高城が「写真や衣装はもちろんですが、今回は個人の思い出の品、大切にしていたものが近い距離で見られるので、この子はこんなことを大事にしていたんだなと見てくれたら」と紹介すれば、佐々木も「最後に物販のコーナーがあるのですが、記念展グッズなんかもあったので、ペンとかノートとかファイルとか、お買い物をしちゃいました」とコメント。

展示の一部 - (C) STARDUST PROMOTION INC ALL RIGHTS RESERVED

 さらに百田が「大きなライブをやらせていただく時って、会場をミニマムに設計した模型を作ってもらい、それをもとにステージを作っていくのですが、今回の展示では、わたしたちが昔、路上ライブをしていた時の場所も新しく作っていただきました。実際にこのあたりでライブをしていましたよ、というのが模型で分かるようになっていて。わたしたちも本当にこの場所でやっていたよなと思い出しましたし、当時を見たことがない方にも、その時のことを感じてもらえるようになっていると思います。それから、メンバーの写真が飾られているのですが、必ず泣いている写真があって。みんなよく泣いていたなという印象ですね」と付け加えた。

[PR]

 そしてこの10年で大人になったなと感じることについて玉井が「あーりん(メンバー最年少の佐々木)が20歳になった時に、みんなでお酒が飲めるようになって。まさかこんな日が来るなんて、と思いました。ただ、周りから見るとわたしたちは高校生くらいに見えるみたいで、20代というと驚かれるんです」と語れば、最年長の高城は「なんと言っても(泣き虫で甘えん坊だった)玉井さんが成長しましたね。身長もそうだし、この10年でひとりで寝られるようになった。最近はみんなのコメントも拾ってくれるし、頼もしいお姉さんになったなと思います」と笑顔を見せた。(取材・文:壬生智裕)

「~サイリウムが照らす未来~ ももいろクローバーZ 結成10周年記念展」は6月4日まで銀座松屋にて開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]